ABOUT

取締役 営業部長兼東京営業所 所長 鈴木 康弘

01全国規模の営業体制で
月間1000トンのフィルムを製造

当社は営業拠点を本社のほか東京、名古屋、大阪に構え全国規模で営業活動を行い、包装資材を扱う商社、代理店など2000社に及ぶお客さまから毎日100件ほどの依頼を受けています。使用途、生産量などさまざまな依頼がありますが、豊富な商品ラインアップで多様化しているニーズに応えています。製造拠点としては本社工場(国府第1工場・第2工場)、西長峰工場(第1工場・第2工場・第3工場)を擁し、月産1000トンの生産量※を誇っています。
※4トントラック250台分、長さにしておよそ地球9周半に相当

02産業用、食品用、DMなどの
包装資材を主力商品としています

ポリエチレンフィルムを活用した包装資材というとレジ袋を思い起こす方が多いかも知れませんが、現在当社が扱っているのは、産業用や食品用、DMやファッションバッグなどが主力です。依頼に応じて高強度LLDPEフィルム「マットL-1」、薄くて強いHDPE「スーパーパワーバッグ」、最大2650mm対応の「大型ポリエチレンフィルム」など豊富な商品ラインアップから提案し、最適な仕様を決めていきます。スタンデードなアイテム数は12000を数え、ニーズ対応力も特徴です。

当社の製品群
当社の製品群

03大判フィルムに対応できる
数少ないメーカーです

2650mmの大型ポリエチレンフィルム
2650mmの大型ポリエチレンフィルム
▲2650mmの大型ポリエチレンフィルム

当社は右肩上がりの成長を続けています。競争力の一つとしてポリエチレンフィルムの生産から印刷、スリット、製袋まで一貫体制を整えていることがあげられ、コスト、スピード、柔軟な対応力で差別化を図っています。また幅の広い製品に対応できる、国内最大級のインフレーション機(フィルム製造)を導入し最大2650mmのフィルムを生産できる強みもあります。特に車両など大型の工業用品の包装に対応できる数少ないメーカーとして認められています。

売上高推移
従業員数推移

04産高機能・高付加価値商品で
一歩先のニーズに応えます

ポリエチレンフィルムに高速・高品質で印刷できるフレキソ印刷機もいち早く導入しました。グラビア印刷機との併用により、用途に応じた印刷対応を可能にしています。また豊富な商品群のなかには、脱石油化へ向けたバイオマス原料の商品や再生原料を用い環境とコスト両面にメリットをもたらすフィルムなどもラインアップ。時代に求められる高機能、高付加価値な商品を独自の企画開発力で提供しています。

レキソ印刷について
▲毎分最大400mを誇る高速フレキソ印刷機
フレキソ印刷について
サトウキビを原料にした薄くて強いポリエチレンフィルム製品
▲サトウキビを原料にした薄くて強いポリエチレンフィルム製品
バイオSPB & バイオL-1について

05お客さまの期待に応え、
社会に貢献していきます

今年、西長峰工場に第3工場が竣工し、生産体制がさらに拡充整備されました。それに合わせて今後は拠点の新設も含めて営業体制も強化していきます。包装資材が求められる分野にはまだ掘り起こせていないニーズが多くあり、優れた特性をもつ当社の商品をさらにアピールすることで市場拡大を図っていきます。世の中に必要不可欠な包装資材の分野で、より良い商品の開発・生産を通し、お客さまの期待に応え、人々のお役に立ち、社会に貢献していきます。

バイオSPB
カルデコ再生原料

MOVIE

再生